Airbnbで投資するためには自己資金はどのくらい必要?

Airbnbで投資をするためには、自分の部屋を持たなければいけません。購入するか賃貸にするか、マンションか一戸建てかなど、選択肢がさまざまありますので迷う方も多いと思います。また、自分の部屋を持つためにはどのくらいの資金が必要でしょうか。

今回はAirbnbで投資をするためにはどの程度の自己資金が必要か?をテーマにお話します。

 

  1. どのような物件を選べば良いか

まずどのような物件を選べば良いかという点ですが、結論から言うと通常の賃貸マンションがお薦めです。以下が理由になります。

 

・分譲マンションは管理規約でNG

分譲マンションはほとんどの場合、不特定多数の第三者を営利目的で宿泊させることを管理規約上NGとしていることがほとんどです。そのため、分譲マンションをAirbnb上で貸し出すという選択はあまりおすすめできません。

 

・投資用マンションも厳しい

投資用マンションも前項と全く同じ理由で難しいです。居住用の分譲マンションよりは、規約が緩いケースも多いので、中には投資用マンションを購入してAirbnbの投資を行っている人もいます。しかし、最初にAirbnbでの投資を行うにはハードルが高いので、賃貸マンションが無難でしょう。

 

・戸建ては費用対効果が悪い

一戸建ては費用対効果が悪いです。戸建ては木造のためマンションより建物の劣化が早い上に、物件価格の中に土地代が占める割合が大きいです。しかし、Airbnbで投資をする際に土地部分は一切関係ないので、土地代が無駄になってしまうのです。そのため、一戸建てでAirbnbの投資を行うと費用対効果が悪くなってしまいます。

 

 

  1. 賃貸マンションを選ぶときのコツ

賃貸マンションもオーナーや管理会社によっては、Airbnbのような営利目的での不特定多数の宿泊を禁止しているマンションも多いようです。そのため、以下のようなことに注意して物件を探す必要があります。

 

・Airbnb用を探していると最初に言ってしまう

不動産会社の営業マンはAirbnbを知っている方も多いです。そのため、単刀直入に「Airbnbを利用するための物件を探している」と言ってしまいましょう。営業マンもAirbnbの事を知っている分、NGであれば即NG(AirbnbをOKであるオーナーを知らない)と言ってもらえます。NGであれば、すぐ別の不動産会社の所へ行きましょう。

 

・今後も継続的に探すつもりである事を伝える

不動産会社は成約する物件が多い方が、手数料収入が入ります。そのため、今後もAirbnbを利用しての何物件が賃貸するつもりである旨を伝えましょう。積極的に紹介してもらえるかもしれません。

 

・SOHO可のマンションを狙おう

SOHO可とは「事務所兼用OK」という意味です。事務所となれば不特定多数の人間が出入りする可能性が高いです。そのため、SOHO可にしているマンションのオーナーはAirbnbのような仕組みにも寛容である場合が多いです。

 

 

  1. 賃貸マンションの初期費用

賃貸マンションでAirbnbの投資をする際に必要な初期費用は以下です。基本は、通常の賃貸マンションと同じと考えて問題ありません。以下に記載の金額に関しては2DKで2~3人を宿泊させる想定です。

 

・敷金、礼金(オーナーや不動産会社によります)

・賃料(Airbnbを利用すると少し高くなる可能性もあります)

・アメニティ準備費用(タオルや日用品など)1~2万円程度

・家具、家電費用 20数万円以上

最低限必要な家具家電は、TV、TVボード、ソファ、テーブル、ベッド、冷蔵庫、電子レンジ、電気ケトル、wifi設備です。最低でも20数万円は必要になります。

 

つまり、賃貸マンションをAirbnbの投資用として考える時には、「賃料2~3か月分」+20数万円の初期費用は最低でも必要になります。

 

 

  1. まとめ

Airbnbの投資用で賃貸マンションを借りる場合には、必ずオーナーと管理会社にAirbnbで民泊をする許可を取らなければいけません。今、無断での民泊が発覚して、損害賠償を請求されたり、退去命令が出されたりしているニュースも目にします。

 

そうなるとAirbnbで利益がでるどころか赤字の投資をしていることになってしまいます。そのため、多少の手間はかかりますが、オーナーも管理会社もOKが出ている物件でAirbnbの投資を行いましょう。

 

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加