Airbnbに登録する手順とは?

Airbnbに登録する手順とは?

 

「Airbnbの始め方」という説明をしているサイトや書籍は案外少ないものです。しかし、Airbnbという言葉は分かるけど利用したことがないという人にとっては、Airbnbへの登録が最初のハードルとなります。とはいえ、Airbnbに登録すること自体はそこまで難しいことではないのです。

今回は、そんな「Airbnbへの登録手順」をテーマにお話します。

 

1.Airbnbで投資を始めるには…まずサイトへの「登録」

Airbnbでの投資はAirbnbに登録することから始まります。

 

登録手順は以下のような流れになります。

  • Airbnbのサイト↓へアクセスする

Airbnb https://www.airbnb.jp

  • ホストになる手続きをする
  • お部屋の詳細情報を入力
  • 宿泊準備を整える
  • 予約システムを設定する

大きく分けると以上の5つのステップにより、Airbnbへの登録は完了します。この手順について詳しく説明していきます。

 

2.ホストになる手続きをする

Airbnbのサイトへ行くと「ホストになる」という項目があります。そこをクリックすると、以下の「ホストになるための手続き画面」にたどりつきます。

 

3.お部屋の詳細情報を入力

お部屋の詳細情報とは以下のような情報の事をです。

・ベッドの数

・居住地(地図上に自分の部屋の位置をマークします)

・掲載する部屋のタイプ(全て貸し切り、自宅の一部を貸し出す「個室」、シェアルーム)を選択

・タオルなどの「アメニティ」やwifiなどの「設備」を入力

「アメニティ」と「設備」の欄でのコツは、なるべく「新品」もしくは「クリーニング済み」であることと、「wifi設備は必須」と言う事です。やはり、ホテルとの大きな違いは衛生面になりますので、タオルなどは安価なもので良いので新品がベストです。少なくともクリーニング済みであることをアピールして写真撮影などを行いましょう。

また、外国人にとってインターネット環境があるか否かは大きな問題なので、必ずポケットwifiや光ケーブル等でインターネット環境は整えておきましょう。

 

4.宿泊準備を整える

宿泊準備として以下のような事を登録します。

・写真のアップロード

写真のアップロードは宿泊率に大きな影響を及ぼします。出来るだけ部屋が広く見えるように部屋の隅から撮影したり、広角レンズで撮影したりという工夫をしましょう。

・最寄り施設のアピールポイントを記載

宿泊客(ゲスト)が注目しそうな施設やお部屋の特徴などを記載して、少しでもゲストの目を惹くような構成にしましょう。

・紹介文の手直し

上記までで色々な項目にチェックしているので、Airbnbのサイトが自動的に紹介文を作成してくれます。しかし、それはあくまで定型文の範囲なので自分なりにアレンジしましょう。コツとしては、「立地」と「室内情報」を端的に伝えることです。例えば、「〇〇という施設に近い〇〇駅徒歩△分のお部屋です。周辺は■■という商業施設があり・・・・・・部屋も築5年2LDKの広々としたリビングが特徴のお部屋です。」のようなイメージです。

 

5.予約システムを設定する

つづいて、予約システムの設定に移ります。ここでは以下のような設定を行います。

 

・今までAirbnbを利用した事があるか、どのくらいの頻度でゲストを宿泊させたいかを登録

・カレンダー上から、宿泊可能な日にちを設定

・利用可能日数やチェックインの時間なども設定

・料金の設定

「変動型料金設定」と「固定型料金設定」の2種類があります。料金を設定する時のコツは「周辺競合物件」を調査する事です。Airbnbから、自分の周辺で競合しそうな物件を探します。主に、広さと駅距離から「競合しそうな物件」は判断できます。

その競合物件の宿泊料を参考にして、その部屋と比較をした時に「いくらであれば宿泊しようと思うか?」というゲスト視点で宿泊料金は設定しましょう。

 

ここまでで全ての設定は完了です。Airbnbサイトの上部にある「ホスト」欄にカーソルを合わせ、「リスティングの管理」を選択すると、ゲストから自分の部屋のページがどう見えているかを確認する事ができます。

 

6.まとめ

Airbnbの登録は以上になります。ただ登録するだけでなく、登録の際にも宿泊率を上げる「コツ」があります。文章の内容などはじっくり考えてから登録しましょう。最初の登録内容によって今後のAirbnbでの投資が成功するかどうかが決まると言っても、過言ではありません。

 

 

 

関連の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加